快適・快眠・健康グッズの激安通販

パワーランキング
携帯人気ランキング

小悪魔ガールズ人気ランキング
…………………………
安眠・快眠の悩み 花粉症
…………………………



花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の「花粉」が原因で、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。

現在、日本人の約10人に1人、都市部だけでいうと約5人に1人が花粉症だといわれています。

今や「花粉症」は日本人の国民病といっていいほどです。

花粉症は、花粉以外にも様々な環境因子(温暖化、排気ガス、ハウスダストなど)に加え、ストレスや食生活の乱れなどの因子が複雑に絡み合い、年々増加している現代病です。

毎年春先になると、花粉対策グッズが爆発的な売れゆきを記録しています。

花粉対策としてマスクをして歩く人も多く見かけます。

市販薬、空気清浄機、マスク、健康食品などの市場規模は約1,000億円、医療費は花粉症が発症する春先の期間のみで約2,000億円、労働損失の推定は600億円といわれています。

日本では、スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカバなどをはじめとした約60種類の植物によって、花粉症が引き起こされるといわれています。

ほとんどの場合、鼻の三大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)だけでなく目の症状(かゆみ、涙、充血)を伴い、のどや皮膚のかゆみといった症状が出ることもあります。

最近は、ダニやハウスダストなどを原因とした通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩まされる人や複数の花粉に反応する人も増え、1年中症状に悩まされる人も少なくないのです。

つらい花粉症を少しでも穏やかにするには、飛散時期に応じた早めの対処が肝心です。

花粉症治療には、主に薬物療法が用いられます。

それもアレルゲン(アレルギーの原因)の種類と時期・症状などによって使用する薬が違ってくるので、専門医に相談し、自分にあった治療方法を見つけることが一番です。

また、花粉が体に入ってこないような工夫や注意も大切です。

最近では様々な工夫を凝らした花粉対策グッズが販売されているので、それらを利用すると便利でしょう。

また、帰宅時には服に付いた花粉を落としてから家に入る、うがいや手洗いなどを行うなどを習慣として心がけましょう。

花粉症状は風邪とよく似ており、その中でも鼻づまりは自然な呼吸ができなくなるため、不眠やのどの渇き・痛みにつながります。

最近では、花粉症の治療に副作用の心配がない「アロマセラピー」を積極的に取り入れる人も増えています。

つまってしまった鼻のとおりをよくする効果として知られる、ペパーミントやユーカリ、ティートリーのアロマオイルがよく使われています。

睡眠は「健康の源」であり、熟睡することにより乱れた免疫バランスを整え、その結果花粉症に対抗できるようになります。

そのためには、「自然の力」を借りるのも一つの方法。あなたも寝室に「アロマセラピー」を取り入れてみてはかがですか?




戻る


Copyright(c) 2010-2011
快適・快眠・健康グッズの激安通販
All Rights Reserved.


AX