快適・快眠・健康グッズの激安通販

パワーランキング
携帯人気ランキング



…………………………
安眠・快眠の悩み 冷え性
…………………………



眠るときは体温を下げなければなりませんが、冷え性の方は、体内の熱をうまく放散できないため、手足が冷えすぎて眠れないという状況になってしまいます。

睡眠には、ある一定の体温以下に下がらないと眠れないという特徴があります。

具体的な温度は、身体の深部体温で約37℃、わきの下で36℃、手足等末梢の皮膚温度は30〜32℃程度といわれています。

眠くなると手足が温かくなるのは、手足の末梢血管で放熱が起こることで、眠るための準備を行っているからです。

夏場等環境温度が28℃以上になると、熱が放散されにくくなり寝苦しくなるのです。

そのため、発汗により体温を下げるように働きかけます。

このように、眠りと体温調節には密接な関係があります。

「手足が冷えて眠れない」という冷え性の方は、冬の寒い時期はに悩まされることが多いでしょう。

通常、手足の指先に冷たい刺激を受けると、一時的に指の血管が強く収縮します。

そうすることで、急激な冷たい環境に対応しようとするのです。

普通は数分経つと、暖かい動脈血が流れ込みます。

しかし、冷え性の場合、冷たい刺激をうけると、長い時間元に戻りません。

眠りにつくには体温を下げなければなりませんが、手足が冷えていると体内の熱をうまく放散できなくなります。

そればかりか、手足の冷たさが覚醒へと働きかけるので、寝つきを邪魔してしまいます。

冷え性の方で足を温めるために靴下を履いて寝る人がいるようですが、これは実は逆効果です。

手足からの放熱による発汗が靴下を湿らせ、明け方の最も体温が下がるころには足が冷えすぎてしまうのです。

一番の対処法は、入浴後温まった身体が冷めないうちに横になることです。




戻る


Copyright(c) 2010-2011
快適・快眠・健康グッズの激安通販
All Rights Reserved.


AX