快適・快眠・健康グッズの激安通販

パワーランキング
携帯人気ランキング


…………………………
安眠・快眠の悩み うつ
…………………………



「うつ」は、日常経験するありふれた症状から始まるため、なかなか気づかない病気です。

しかしそのまま放置しておくと悪化してしまい、日常生活に支障をきたすまでになってしまいます。

うつ病も、日本人の4人に1人と言われるほどの国民病です。

うつ病の症状は、誰もが日常経験する「気持ちが晴れない」「面倒くさい」「自分は怠け者だと感じる」「食欲がない」「人と会うのがおっくう」と感じる等、ありふれた症状から始まります。

ごくありふれたこれらの症状が数週間続くようなら、うつになっている可能性があります。

うつは、心身の過労が良質の睡眠を得られないために回復できず、悪化することが多いのです。

どちらかと言えば、真面目で完璧主義の人がかかりやすいとされています。

うつ病で最も頻度の高い症状は「睡眠障害」です。

京都工芸繊維大学の中島教授によると、うつ病になったから不眠症になるのか、不眠が原因でうつ病になるのか分からないほど相関が深いとのことです。

金沢大学医学部の越野教授は実に80%〜100%のうつ病患者が睡眠障害に苦しめられていて、早期覚醒や昼間に眠気を感じる睡眠過多が多く見られると述べています。

次いで多い症状は、疲労感、食欲不振、頭痛、頭重感となっています。

うつ病治療の大原則は「心身の休息」と「適切な薬物治療」です。

できればしばらく仕事を休んでのんびり過ごす等、環境を変え、リラックスするのがベストです。

「余計なことは考えずに十分眠ること」まずはここからスタートです。

その時、枕をはじめとする睡眠環境を見直してみましょう。

朝目覚めた時、頭痛や首の痛み、肩コリ、手のしびれ、寝違え等を起こしていることはありませんか。

枕等の寝具が合わないことで寝ているときの姿勢が悪くなり、不眠を助長している可能性があります。

適切な枕に替えること、それだけでうつ病の症状が軽くなるかもしれません。




戻る


Copyright(c) 2010-2011
快適・快眠・健康グッズの激安通販
All Rights Reserved.


AX