快適・快眠・健康グッズの激安通販

パワーランキング
携帯人気ランキング


…………………………
安眠・快眠の悩み ストレス
…………………………



現代社会においては、ストレスは日常生活と切り離せない関係になっています。

ストレスはもはや現代病となっています。

ストレスが不眠を生み、不眠になることで健康を損なうおそれもあります。

こちらでは、ストレスとそれによって起こる不眠のそれぞれのしくみをご説明します。

現代社会は、「ストレス社会」とも言われる程、大人から子どもまで様々なストレスにさらされています。

仕事上の転職や転勤による環境の変化、親近者の死亡等、突然大きなストレスがかかった時は、誰しも眠れなくなるものです。

辛い場合のみでなく、嬉しい時の高揚感でも過剰な場合は同様に眠れなくなります。

子どものころ、遠足や運動会の前日、ワクワクして眠れなかった経験は誰しもお持ちではないでしょうか。

こうしたことがあると心理的緊張が生じ、そのため大脳辺縁系の情動中枢が興奮し、脳を覚醒の方向に向けてしまうのです(処方される睡眠薬等は、この情動中枢を抑える働きを持っており、不安等を解消させることで脳を睡眠方向へ向けさせます)。

また、「やる気モード」である交感神経がだんだん高ぶってしまうことで、「リラックスモード(睡眠モード)」の副交感神経優位の状態になりにくく、入眠を妨げることになります。

心身の疲労を回復するのに、質のよい十分な睡眠は不可欠です。

睡眠前半の深い「ノンレム睡眠期」には、細胞の修復や新陳代謝を高める成長ホルモンの分泌が盛んになります。

身体的なストレス解消にはノンレム睡眠が必要なのです。

また、深いノンレム睡眠には、記憶を消去する働きがあり、精神的ストレスの原因となる記憶を薄め、不必要な記憶を消去する働きがあります。

抗ストレスホルモンといわれるコルチゾールやACTHは、早朝から午前中にかけて多く分泌され、昼間から夕方にかけて次第に少なくなり、深夜には最も低くなります。

この生体リズムを考えると、深夜に仕事をしたり遊んだりしているのは、自分自身でストレスに弱い身体を作っているのと同じなのです。




戻る


Copyright(c) 2010-2011
快適・快眠・健康グッズの激安通販
All Rights Reserved.


AX