快適・快眠・健康グッズの激安通販

パワーランキング
携帯人気ランキング

絶対キレイになってやる☆ランキング
…………………………
安眠・快眠の悩み 頭痛
…………………………



朝起きた時、頭痛がしていると嫌になりますよね。

折角、安眠・快眠で心身をリフレッシュしたと思っても頭痛がしていては台無しです。

現在、日本人の頭痛人口は約3,000万人ともいわれています。

単純に考えて、実に総人口の4分の1ということになります。

頭痛は2つに分類され、片頭痛等の機能性頭痛と、頭蓋内外の器質的疾患(クモ膜下出血等)があります。

後者の場合はすぐに病院に行かなければ命に関わります。

前者には「筋緊張性頭痛」「片頭痛」「群発性頭痛」があります。

よく「私は片頭痛持ちです」という人がいます。

「片頭痛」は頭痛の代名詞のように思われがちですが、実際は全体の約28%程度なのです。

さらに、そのうちの約8割が女性です。

片頭痛は脳内の血管が広がって炎症を起こし、周囲の神経を刺激することで痛みが生じます。

具体的な症状は、眼前にちらちらと光が見えたりした後、こめかみ部が脈を打つようズキズキと痛みます。

どちらかの症状だけの時や両方のこともあります。

誘因は様々で、ストレスから解放された時、まぶしい光を見た時、生理前後、アルコール摂取・空腹(低血糖)時等です。

一般的には市販薬で改善しますが、痛みが軽いうちでないと、ひどくなってしまい効きにくくなることもあります。

筋肉の緊張や肩コリに伴う頭痛を「筋緊張性頭痛」といいます。

片頭痛と比べて、約70%と圧倒的に多い割合になっています。

日本人に最も多いといわれており、頭が締め付けられているような感覚が続く頭痛です。

現代社会に不可欠なパソコン動作は、この頭痛には大敵です。

さらに、ストレスや緊張等で血流が悪くなると悪化します。

筋緊張性頭痛の日常生活上の3大原因は、「無理な姿勢(同じ姿勢で、長時間のパソコンの使用)」「合わない枕」「眼の酷使」です。

一般的に、ストレスをためない、同じ姿勢を続けない、軽いストレッチをする、お風呂にゆっくりつかる等、普段気を遣っていれば改善するケースがあります。

あまりにひどい場合は、痛み止め、筋肉をほぐす薬を使います。




戻る


Copyright(c) 2010-2011
快適・快眠・健康グッズの激安通販
All Rights Reserved.


AX