快適・快眠・健康グッズの激安通販

パワーランキング
携帯人気ランキング

カラコン口コミランキング
…………………………
安眠・快眠の悩み 睡眠時無呼吸症候群
…………………………



安眠・快眠が健康に不可欠だとわかっていても、現代人は様々な要因によって、睡眠障害に悩まされています。

ここでは、簡単に見過ごすことができない【睡眠時無呼吸症候群】について紹介します。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、一夜の睡眠で無呼吸状態が30回以上起こるもの、つまり睡眠1時間あたり無呼吸の平均回数が5回以上のものをいいます。

SASは、心臓や循環器の様々な疾患を合併することが多く、SASの患者の半数に慢性高血圧が見られます。

また、睡眠中にのみ生じる心臓不整脈は、SAS患者ではごく一般的であり、重症になると低酸素血症と結びつき、悪性不整脈や、突然死になりやすいと言われています。

いびきさえも疫学的に心筋梗塞や脳卒中の頻度を増加させたり、腎臓機能を阻害することも知られています。

SASを疑う場合のチェックポイントとして、まずは「いびき」があげられます。

音がとくに大きく、共に窒息音が混ざると危険です。

朝起きて、シーツがひどく乱れているなら、無呼吸の可能性がかなり高いでしょう。

次に、「日中の過眠」です。

静かでリラックスできる状況に置かれるとうっかり眠り込んでしまう、単純な作業になると何度も瞬間的な注意力低下が起こる場合等は、無呼吸による夜間睡眠の分断からくる眠気が引き起こしている可能性があります。

夜間睡眠の分断は、焦燥感、不安、攻撃性や抑うつ気分の増加等性格の変化を引き起こします。

覚醒時の口や喉の渇き、朝起きた時に頭痛がする場合も、SASの疑いがあります。

SASが肥満、男性、加齢と強く関係していることは良く知られています。

成人では男女比が8:2となっていますが、年齢が高くなるにつれて男女比は近くなります。

閉経後の女性では、特にその比率が高まるとの報告もあるので注意が必要です。




戻る


Copyright(c) 2010-2011
快適・快眠・健康グッズの激安通販
All Rights Reserved.


AX