快適・快眠・健康グッズの激安通販

パワーランキング
携帯人気ランキング



…………………………
安眠・快眠の枕で睡眠の質向上
…………………………



枕が変わると寝付けなかったということがあります。

安眠・快眠には枕が重要なポイントです。

現在人の睡眠が危ないと、医療関係者から警鐘を鳴らされています。

実際、日本人の睡眠を調べてみると、

NHK放送文化研究所が行っている「国民生活時間調査」によると、2000年の日本人の平均睡眠時間は7時間23分でした。

年代別に見ると、

・30代は6時間57分
・40代は6時間59分

となっており、睡眠時間の基本といわれている「8時間睡眠」から見ると大きな隔たりがあります。

1970年には平均7時間57分であったことを考えると、睡眠時間は減少傾向にありるようです。

花王株式会社が首都圏在住の女性(20〜40代)450人を対象に「睡眠満足度」を調査(2003年)したところ、自分の睡眠に満足していない人は 54%にも上るという結果が出ています。

満足と答えた人も含めて何らかの不満要因を持っていた人は86.2%で、実に9割近い人が睡眠に対して満足していません。

最も多かった不満要因は「睡眠時間が足りない」で、以下「寝つきが悪い」「眠りが浅い」「何度も夜中目が覚める」でした。

現代社会においては「睡眠時間の長短」を論じるよりも、「睡眠の質」を改善する方法を考えることが先決なのかもしれません。

現代人は、様々な厳しい生活環境下での生活を強いられています。

ストレスや過酷な労働条件、運動不足や食生活、そして昼夜を問わない生活様式も問題です。

そうした要因が、睡眠障害の一担であることは事実でしょう。

しかし、決してそれだけではなく、例えばストレス等も原因しているのではないでしょうか。

日中、強いストレスを受けて疲れれば、人間の身体はその分深い眠りを求めるでしょう。

全てを解決できるわけではありませんが、「寝具」が持つ役割、特に「枕」が担う役割は重要です。

多くの睡眠研究者にも、枕で睡眠のパターンも質も変わるということが認められています。




戻る


Copyright(c) 2010-2011
快適・快眠・健康グッズの激安通販
All Rights Reserved.


AX